スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”想い”で心の扉を開こう

2009-09-29

Tag :

大きく息を何度も吸い込んで深呼吸を繰り返す。

そしてこれだ!というテーマ曲を選び何度も繰り返し流して
気持ちを高めるんだ。

手元には一枚のひきちぎったメモ用紙を握っている。

自分なりのフローチャートが書き込まれている。

アドリブではとてもあの子とは話すことができないから。
ヘタレだなぁ・・^^;

隣では親友が、
「早くしろよ」とニヤつきながら煽りをかけている。

チェッ・・自分の時は真剣そのものの表情を浮かべているくせに・・。

勢いよく受話器を取り、
ナンバーを押し始める。

そして最後のワンナンバーというところで、、

ガチャ!!

と受話器を元に戻すのだ。

「ちょ、ちょっと待ってくれ・・タイミングが合わない。」

「何のタイミングだよw。」

「胸の奥が高鳴りすぎて声が震えちまう・・。」

「あれれ?男気みせるんじゃなかったのかな?
ほら、もう一度テーマ曲をボリュームをあげて聴けよ(笑)」

そうこうしているうちに時間は無情にも過ぎていく。

「まずい。遅くなっちゃうよ。
あの子寝ちゃうな・・その前に家族に対して印象悪くなってしまう・・」

そして夜が明けた・・。

好きな子をデートに誘う。
ただ、それだけなのにその壁はとても高くて。

くだらないのだが、あの緊張感とあのひと時は楽しかった。

失敗して、落ち込みながらギターを弾く時間も含めてね(苦笑)

学生時代は携帯電話もなく、家の電話からアポイントメント(!?)を
取らなくてはならなかった。

そしてまだ個人情報保護法などなくて
卒業アルバムの後ろには全生徒の電話番号も住所も記載されていた。



最近は心を閉ざしたというか、高飛車というかクールというのか
なんなんだという態度の女性が多い気がしていた。

しかし、ニヤニヤしていたらそれこそおかしいではないか。

心を閉ざしたのは男性の責任なのかもしれない。
過去に女性の”期待”を裏切り、結局男など同じだと・・。

女性はとても賢い。
心なんてそう簡単に開かないと思っている。

だからこそ、本気の気持ちで
”その扉を開いて想いを届けたい!”という人だけに
やっと少しだけ微笑んでくれるのかもしれない。


よく恋愛の相談に乗ることが多いです。
しかしながら、恋愛の許認可は結局最後は自分で降ろさないと
いけないから助言が精一杯です。

自分より年下の人達には自分の失敗談をすべて語ってでも
アドバイスを与えたいです。

後悔だけはしてはいけないと。
スポンサーサイト

著作権等について

当ウェブサイトにおいて掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止します。これらの内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

プロフィール

ティーケーlm

Author:ティーケーlm
 何かを始めるのに「遅すぎる!」なんて事はありません。
そして花咲く春を迎えるには冬の時期にしっかりと種蒔きを行わなくてはなりません。果たして芽は出るのか、朽ち果てるのか?独自の視点で時に楽しく時に真面目に描く日記です。



 

最新記事

カテゴリ

ティーケーlm on Twitter

Access

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。