スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンスの架け橋(発想の転換)

2011-12-30

Tag :

久しぶりに『脱草食系ネタ』を。


例えば、いわゆる合コンに行くとする。

異性が4、5人いるが、あなたの好みの人は
全くいなかったとする。

心の中で、

「ふぅ~。やっぱり世の中甘くないよな。合コンで
自分の好みの人に出逢えるなんて確率なんて限りなく低いよな。」

とつぶやき、意気消沈する。


そしてそのままテンションを下げたまま
不快な気持ちでその時間を過ごすとしたら

それは全くもって勿体ない時間である。

少し前の私ならそうだっただろう。


しかし今ならば、違う考え方が浮かんでくる。


そこに集まった人が自分の好みではなくても
沢山話して仲良くなるべきだ。

なぜならその人と仲良くなることにより
その人が好みでなくてもその人の周りの友達が
自分の好みである可能性があるからである。

これをチャンスの架け橋理論(←?)と呼んでいる。


まずは友達が多そうなその人と仲良くなる。

電話やメールもして仲良くなる。

これはフロントで、バックエンドは紹介してもらう
ということになる。

しかし、その人も馬鹿ではない。

私ではなく私の友達が目当て、ということくらい
すぐにわかるだろう。

だからまず、その人の好みのタイプを聞き出す。

そして紹介される前に自分がその人に紹介をするのだ。

テイクより、まずはギブというわけ。

「合う合わないかわからないけど、俺の友達を紹介
するよ。彼氏できるといいな。

だけど俺の友達2人くらい連れてきてそっちが1人
というのもバランスが悪いから人数合わせよう。」

これで3対3の新たな場が作り出される。

こんなにうまくはいかないものだが、チャンスは
繋ぐものだと考えている。

こんなふざけた話をしているが、これは仕事から
発展させて考えたことである。

異業種交流会などで自分とは関係ない職種だと思っても
誰かに紹介できるかもしれない、

マッチングできたらと思って話をよく聞くのである。

そしてうまく紹介ができた場合、返報性の原理かどうかは
わからないが仕事を紹介してくれるケースがある。


無駄だということは、考え方一つで変わる。

次に繋げることもいくらでも可能だ。

異性としてみれないというケースでも人間的にいい人
という場合は沢山ある。

お互いに付き合える人が紹介しあえたら
ある意味Winwinだ。

もしかしたらその人がある日異性として見えてきて
しまうかもしれない。

それはそれでありだ。

チャンスの架け橋は自分で作るもの。

出会いも自分が作り上げるものだと思う。

無駄は決してない。

その場の人たちに

『あの飲み会楽しかったね!』と言わせることが
できなければ、次の飲み会でも楽しませることはできない
だろう。

それはその場全体のこと(エンターテイメント性)を考えず自分のこと
ばかりを考えているということである。

いわゆるモテている人を見続けてきた私は
その辺のすごさも感じ取ってきたつもりだ。

ただモテているだけでなく、それ以上に考えている、
影の努力があるのだと。


近くに行政書士事務所公式ブログを計画しているが、
やはりこの私的ブログも残したい。

こんなふざけたこと(ある意味では真剣・・・
これも勉強と思っているから)も書けるから

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作権等について

当ウェブサイトにおいて掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止します。これらの内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

プロフィール

ティーケーlm

Author:ティーケーlm
 何かを始めるのに「遅すぎる!」なんて事はありません。
そして花咲く春を迎えるには冬の時期にしっかりと種蒔きを行わなくてはなりません。果たして芽は出るのか、朽ち果てるのか?独自の視点で時に楽しく時に真面目に描く日記です。



 

最新記事

カテゴリ

ティーケーlm on Twitter

Access

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。