スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立会い出産を経験して

2012-01-08

Tag :

皆様いつも有難うございます。ティーケーlmです。


今回は「脱草食系(恋愛)」カテゴリ特別編として
年末年始に私が経験した、

立会い出産の話を少し書きたいと思います。

少し長めの文章になってしまったので、
サラッと読んで頂くかお時間ある時に読んで頂くか
興味がなければクローズして下さい。


まだ経験のない男性にアドバイスと言えばおこがましいですが
感じたこと経験したことをなるべく簡潔に書きたいと
思います。

それは私自身が立会い出産が初めてでその前は
色んな経験者から話を聞いたりネットで調べていて

未知の世界から「実際はどんななんだろう。」とドギマギして
いたことから、少しでも経験をお伝えすれば何かしらに役に立つと
思うからです。


まず、立会い出産について私は妻の考えを尊重しようと
決めていました。

妻の考え第一主義。

つまり妻が立会いをして欲しいというなら
するし、

立会いはやめて。というなら立会いはしない。

妻を尊重しようと。

それで話をしていると「どっちでもいい。」と言うので
嫌なら嫌とはっきり言うはずなので、

(私独自のリサーチでは立会い出産は嫌だという人は
「絶対に嫌だ。出産場面を見られたくない。」という強い嫌悪感を
持っています。)

立会いをしようと思うけどいいか?と許可を得て
することに決めました。


簡単に返事をしてみたものの、
それから先ほども書いたようにネットで調べたり周りの
経験者に聞くと、

どうやら私が思っていたものよりももっと大きなもの
あるようでした。

曰く、

「本当に大丈夫なの??倒れない?」

(倒れる??大丈夫?そんなに大変なの?

曰く、

「血とか大丈夫??ホラー映画とか??」

(血?ホラー?なになになに??

曰く、

「奥さんを女性としてもうみれなくなるかもしれないよ・・・」

(何が起こるんだ

曰く、

「立会いしてもいい人といけない人がいると思う。
 ティーケーlm君なら、大丈夫だと思う。」

(......もうわからん

とにかく想像していたよりも大変で、そこには
何かがある。実態はよくわからない。

そんな感じでしたが、私は立ち会おう。

男として何もできるわけではないが、すぐそばにいよう。
そこで何を見て、何を感じるか、その未来の自分にも
会ってみたいし、信じられる。

そんな気持ちで挑むことにしました。


中には年輩の方の話でこんな話もありました。

今は立会いというのは増えてきたが、
昔はなかった。

そこには女性のもっとも苦しむ姿、恥ずかしい姿を
見るべきではなく、男は外で目を閉じてこれから生まれてくる子を

すべてを掛けて育てるんだという重い責任を背負う気持ちを
噛み締めるべきだ。

ただその場で立ち会えばいいというわけではなく、
もっと重たいものがある。それが日本の男だったと。


それを聞いた時どこかで納得し、なるほどそういう考えも
あるのかと胸に響きました。

しかしもう一度妻と話した結果、そばにいる(立ち会う)
ことに決めたのでした。


結果として私の感想は、
立会いをして良かったということです。

病院によったり、国によっても立会いの仕方は
違うと思いますが、私は下半身地帯には行かない。

それだけは決めていました。だから妻の頭の上に回り
両肩を掴み、「頑張れ」と口にするのが精一杯でした。

しかも視線はほとんどうつむき、時に目を閉じながら。

生まれた時は、「ありがとう。」と思いました。


当然人にもよると思いますが、出産時立会いよりも
その前の陣痛の時の時間の方がインパクトがありました。

昨年12月30日AM6時から陣痛が始まり、
11時半に病院へ行きそのまま入院。

30日の夕方には生まれると聞いて、
そのまま病院に待機。

しかし、夕方になっても生まれる気配はなく
31日へ日付が変わってもまだで、

明け方になるだろうとのこと。

その間、一定感覚に訪れる陣痛に声を出して
痛がる妻。だんだん声が大きくなり、最終的には
悲鳴にも似た声に。

無力な男である自分。
何ができるのか。

その長い長い陣痛の時間に色んなことを
考えるわけです。

女性ってすごいな、とか。

自分の母もこうして苦しみながらも自分を産んでくれたのか
感謝を感じたり、

世の中のお母さんってすごい、頭が上がらない!とか。
(※子供を産んでいない人がすごくないという話では決してありません!)

結局31日の朝7時~に産まれたので、その間
苦しむ妻を見るのが辛かった。

しかしその辛さを乗り越えて産んでくれたという
深い感謝と立ち会ってほんとに良かったと思えました。

そして今すぐ横を見れば、

あの時立ち会って産まれてきた赤ん坊がスヤスヤと
寝ている。

不思議です。

あまり参考になったかどうかわかりませんが、
私にとって忘れられない年末年始のお話でした。

P1000268.jpg

時間は朝へと突入した。
P1000269.jpg

立会い直前の待合室で。
P1000270.jpg

年末年始病院は貸し切り状態。
この病院は私も産まれた場所だった。
P1000271.jpg

まだかまだかと、なかなか落ち着かない。
でも大変なのは、頑張っているのは自分ではないと言い聞かせて。
P1000272.jpg





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作権等について

当ウェブサイトにおいて掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止します。これらの内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

プロフィール

ティーケーlm

Author:ティーケーlm
 何かを始めるのに「遅すぎる!」なんて事はありません。
そして花咲く春を迎えるには冬の時期にしっかりと種蒔きを行わなくてはなりません。果たして芽は出るのか、朽ち果てるのか?独自の視点で時に楽しく時に真面目に描く日記です。



 

最新記事

カテゴリ

ティーケーlm on Twitter

Access

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。