スポンサーサイト

--------

Tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若年性白内障

2015-06-25

Tag :

ご無沙汰しておりました。ティーケーlmです。

突然ですが、昨日私は白内障の手術を受けてきました。
まだ34歳です。

2、3年前に(若年性)白内障と診断されてから、
だましだまし日々過ごしていたのですが、そろそろ手術を
するタイミングかなというところまでいき、今回にいたりました。

手術前に色々とネットで検索して、手術体験談を
ある方のブログでみて気持ち的に助けられました。

しかしながら、体験談ブログは私が検索した限りでは
数件しかありませんでした。

ならば、少しでも困っている人がいて、このブログへ辿り
ついた方へ体験談を伝えたいと思い書く事にしました。

私が手術前に一番知りたかったことを先に書いておきます。

手術は痛くない。臆病な方でなければ堂々と
医師を信じて当日を迎えれば問題なし。


ということです。

どのサイトをみても目薬での麻酔をするので痛みは
ほとんどなし。時間も15分程度で終わる、日帰り手術も可能
とあります。

本当にそうなの?と思っていましたが、痛みはありません
でした。脅かすつもりはありませんが、全くないということは
ありません。

あるのは、麻酔前にする消毒目薬です。これがジワジワと
しみます。が、我慢できる程度です。

あとは途中で内圧?(先生はそう言っていました)をあげる
ときの目薬が目が膨らむような感じになり、少しだけ嫌な
痛みがしました。

あとは「痛い」というよりも「眩しい」ほうが強いです。

今も手術後、つまり眼内レンズを入れ終えた目でPCを
見ながら久しぶりのブログ更新をしているわけですが、
少し慣れないものの、あの曇りが一層されて気持ちがいいです。

文章が長くなってしまうので、一度切りますが、
私は「多焦点レンズ」を入れました。右目のみです。
左目はコンタクトレンズです。

手術後の1週間は傷口がまだ完治していないため、
感染症に気をつけなくてはならず、まだまだ油断はできません。

いずれにしても臆病者の私にはドキドキで終始緊張
していたのでした。今は終えてとりあえずホッとしているのが
正直な感想です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

著作権等について

当ウェブサイトにおいて掲載されている内容の無許可転載・転用を禁止します。これらの内容は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。

プロフィール

ティーケーlm

Author:ティーケーlm
 何かを始めるのに「遅すぎる!」なんて事はありません。
そして花咲く春を迎えるには冬の時期にしっかりと種蒔きを行わなくてはなりません。果たして芽は出るのか、朽ち果てるのか?独自の視点で時に楽しく時に真面目に描く日記です。



 

最新記事

カテゴリ

ティーケーlm on Twitter

Access

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。